キャッシングと総量規制

キャッシングの申込を行うと、審査を受けることになります。
その審査で、借りることのできる「借入限度額」が決定されます。
申込み通りの借入限度額で承認されるかどうかは、審査が終わるまで分かりません。

 

その借入限度額には、申込者の年収が大きく影響してます。
2010年6月に完全施行された「改正貸金業法」では、利用者の年収に応じて借入可能の金額を制限しています。
それが「総量規制」と呼ばれる定義です。

 

具体的な内容は以下の通りです。

 

・すべての貸金業者の無担保ローン合計借入額が年収の3分の1以下になるよう借入額の上限を設けます。
・貸企業者1社から50万円超の借入を行う場合には収入を証明する書類の提出が求められます
・全貸金業者からの借入枠合計が100万円を超える場合には収入を証明する書類の提出が求められます。
・指定信用情報機関により顧客の借入情報が共有され、他社借入残高が把握されるようになります。

 

例えば、年収600万円のAさんの場合について見てみましょう。
Aさんは既に他社で次のキャッシングを利用していたとします。
・B社:借入残高50万円(借入限度額100万円)
・C社:借入残高30万円(借入限度額50万円)

 

Aさんの年収の3分の1の金額は200万円です。
総量規制下でAさんが新たに借入できる金額は

 

200万円ー(100万円+50万円)=50万円 となります。

 

200万円ー(50万円+30万円)=120万円 ではない点に注意が必要です。

 

このように、総量規制における借入可能額を計算する場合には、あくまで限度額ベース(与信ベース)で判断することになりますので注意しましょう。
このことを知っておくと、自分が申込できる可能金額が分かります。
総量規制対象外のカードローンを比較し、他社の借入状況をきちんと把握して、正確な数字をつかんでおきましょう。

キャッシング審査の在籍確認とは?

キャッシング審査で、勤務状況の確認は非常に大きな意味をもちます。
安定した収入は、きちんと勤務していないと生まれません。
申込書には、必ず勤務先の情報を記入する欄が設けられています。
勤務先の規模や内容なども重要ですが、そもそも申込者が記入した勤務先に勤めていることが絶対条件となってきます。

 

そこで、キャッシング審査では、記入された勤務状況が正しいことを確認する作業が行われます。
それを「在籍確認」といいます。
通常は、勤務先に審査担当者から電話をかける方法で在籍確認が行われます。

 

「勤務先に電話が入って、キャッシングを利用したことが上司や同僚にばれたらどうしよう」
このように不安に感じる方も少なくないでしょう。
在籍確認の電話は、キャッシング会社名ではなく、個人名でかけられますので安心して下さい。
具体的には、以下のような受け答えになります。

 

キャッシング審査担当者Aさん「わたくしAと申しますが、○○様(申込者)をお願いしたいのですが」
同僚Bさん「すみません、あいにく○○は会議中で席をはずしております。」
Aさん「そうですか、では結構です。」
Bさん「もどりましたら、お伝えしておきましょうか」
Aさん「ではお願い致します。」
Bさん「失礼ですが、どちらのA様でしょうか」
Aさん「Aといっていただけたら分かると思います、また再度こちらからご連絡致します。」
Bさん「ではお願い致します。」

 

以上のような流れになります。
審査担当者も、キャッシングの利用がばれないように細心の注意をはらってくれますのでご安心ください。必ずしも、申込者本人が電話に出る必要はありません。
審査側としては、その会社に確かに在籍していることが確認できさえすればいいのです

 

在籍確認は、一般的に審査の最終段階で行われます。
キャッシング会社側としても、わざわざ勤務先の電話をかけてまで、不合格にする意味がないためです。
在籍確認の電話がかかってくると、ほぼ審査に合格したと考えてもよいでしょう。
逆に、在籍確認がとれないと、いつまでたっても審査の結果が出ないことになりますので注意しましょう。